職場のデジタル監視ツールを出し抜くのは、さらに難しくなりつつある。  リモート勤務が増え、従業員を監視するソフトウエアが導入された結果、マウスやキーボードを自動で動かす機器など、従業員がコンピューター上で仕事をしているように見せかけるためのテクニックに人気が集まった。こうした秘けつは、洗濯や子どもの迎えで席を外す目的で頻繁に使用されていた。  今度は企業側が、これまでより効果的に「仕事のふり」を見抜けるツールを活用し、取り締まりを始めている。