ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

ベンチャーキャピタリスト覆面座談会
起業家も投資家もレベルを上げねば未来はない

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第36回】 2013年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
8
nextpage

C 大きな投資ではIPOでのエグジットをねらうが、最近はM&Aが増えてきた。買収額は数億円から数十億円。投資額の2~3倍がせいぜい。

B M&Aは、アップサイドをねらうエグジットでなく、投資額の2~3倍で確実にリターンを得て、いかに積み上げるかが大切だ。

C いいGP(ジェネラルパートナー=ベンチャーキャピタルの幹部)は、エグジットに対しての責任感がある。だが実態は、M&AやIPOに向けて、しっかり考えているベンチャーキャピタリストは少ない。これはファンドマネジャーの使命なんだが、それに向けて行動する人があまりいない。

*  *

 言葉に熱がこもっていたのがこのエグジットの議論だ。投資事業とは、お金を集めて、エグジットして増やして返すのがビジネスだ。この目的へのコミットメントが不可欠であり、起業家とのパートナーシップでも重要なポイントとなる。そして、スタートアップの時代にはM&Aの重要度が増し、起業家側のコミットメントも求められる。

*  *

起業家のチャレンジ
グローバル化

筆者 スタートアップ・ブームとともに、起業家の海外志向が強まったが、これからどうするとよいのか?

B 二年くらい前、起業家のあいだでは米国に行くのがブームになったが、予想通りほとんどダメだった。これは当たり前の話で最初から分かっていたこと。このところはアジアに行く人が増えた。

A 東南アジアも、そんな簡単に成功できるものじゃないですよ。現地のコミュニティがあるわけだし。それに、いまやアプリ系は現地でやる必要なく、日本からでもいい。

C 現地にいきなり市場進出するのではなく、まず開発拠点をつくってからの方が王道。

A とにかく、まず日本で成功しないと。日本でうまくいくモデルができなきゃ、海外で成功する確率なんて、本当に低い。

B 日本は海外から見れば、日本語のバリアがあって守られている。だから日本は敵も少ないし、競争環境は楽だ。まず日本で成功しないとだめ。

C しかし、日本語バリアで守られている時代は終わる。アジアのスタートアップがこの2~3年で日本市場に攻めてくると思う。日本の起業家サイドがこれを迎え撃つつもりでいないとやられる。

previous page
8
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧