ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世界中のプロフェッショナルを縦横無尽につなぐ!
ビジネス特化のSNS「リンクトイン」の日本戦略
――杉本隆一郎・リンクトイン・ジャパン株式会社
日本オフィス代表代行インタビュー

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第30回】 2013年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

 たとえば「営業」については、企業にとってリンクトインは唯一無二のツールと言えます。営業マンが、日々の営業活動において訪問したい企業の代表番号に電話しても、必ずしも話をするのに最も適切な担当者につないでもらえるとは限らない。また、DMを送っても担当者にきちんと読んでもらえるかどうかわからない。これまでの営業活動は、そんな感じでした。

 それに対してリンクトインの中では、本当にコンタクトしたい会社のキーパーソンを、ネットワークの中で事前に絞り込める利点があります。先方も、メールを送ってきた営業マンのプロフィールを事前に全てチェックできるので、「こういう人なら興味があるから、一度会ってみよう」と思わせる機会につながる。相手が提案する内容の必要性を判断してくれますし、社内で他に適任者がいたらその人に話を回してもらえます。このようにして、確実に会いたい人にリーチできるわけです。

就活市場の在り方を
変える存在になれるのか?

――採用については、ビジネスパーソンと企業が縦横無尽に繋がれるリンクトインは、便利なツールだと思います。「リンクトインが就活市場の在り方を変えるのではないか」という報道もありますね。そうしたトレンドは起きつつあると思いますか。

 そうですね。我々は「ダイレクト・リクルーティング」、または「ダイレクトソーシング」という言葉を使いますが、企業の採用担当者が第三者を介さずに、直接ビジネス・プロフェッショナルとコンタクトすることは、もう海外で普通に行われています。

 外資系の本社から、「自分たちもダイレクト・リクルーティングをやっているから、日本法人でもやったらどうか」と勧められ、ご相談に来る採用担当者もいますよ。

――そうしたトレンドのなかで、企業の人材に関するニーズは、具体的にどう変わってきていると感じますか。

 我々がサポートしている企業は、IT・金融系が多い。たとえば、人材の採用に人材エージェントを使うと、自分たちではリーチできない人材に自社の情報を伝えられるメリットはありますが、自分たちが情報を届けたい人材にちゃんと情報が届いているのかについては、ブラックボックスになっているケースが多かったように思います。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧