ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世界中のプロフェッショナルを縦横無尽につなぐ!
ビジネス特化のSNS「リンクトイン」の日本戦略
――杉本隆一郎・リンクトイン・ジャパン株式会社
日本オフィス代表代行インタビュー

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第30回】 2013年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
9
ビジネス特化の巨大SNS「リンクトイン」は、今後日本で多くのユーザーを獲得できるか

当面の目標は日本ユーザーの拡大
協業や数字の話はその後に考えたい

――今後の目標として、近い将来収益やユーザー数をどのくらい増やしたいですか。

 現状では、特に「ここまでやるぞ」という目標は決めていません。当面は、まずリンクトインというグローバルなプラットフォームに、日本のビジネス及びビジネスパーソンの情報をいかに載せていくかでしょう。それにより、国内のユーザー数自体も増えていくと思います。そして、弊社の法人向けソリューションをご利用いただいている企業の皆様に対して、成果を出して頂けるようサポートしていく。それが第一義の目標です。数字の話はその後ですね。

――リンクトインは、日本でも知名度を上げています。色々なメディアや企業から協業のオファーが来ませんか。

 最近までは、そういう話も時々ありましたが、現段階では開発環境も含めて全てリンクトイン独自でやっているという認識を持たれていると思います。他のサービスとコアな協業をするという予定は、まだありませんね。

 オンラインサービスにとって、プラットフォームに集まったデータベースはビジネスの宝庫。今後はその活用のために、開発エンジニアやプロダクト開発チームも社内でしっかり抱え、まずは自分たちの足もとを固めることに注力するつもりです。

――現在、注目しているITトレンドはありますか。

 特定のサービスではないですが、現在はエンタテインメント系やビジネス系など様々なオンラインサービスが出て来ているので、欲を言えば、そうした新しいものを一通り触っておきたいです。ユーザーにとって何がどれだけ面白く、それを手がける会社はどうやってマネタイズしているのかが、気になりますね。

 リンクトインのように、個人がビジネスユースでSNSのようなオンラインサービスを使う習慣は、日本にまだ根付いていない。だからどのサービスがどうのというより、まずは一個人がビジネスのマーケットに飛び出し、何かを動かし、成果を生み出すというカルチャーをつくりたいのです。それには、リンクトインばかりでなく、様々なオンラインサービスが皆で協力し、環境構築をしていくことも必要。そのためにも、まずは自分たちのサービスをよりよくしていくことが第一だと思っています。

世論調査

質問1 あなたは就活・転職にSNSを使ったことがある?



>>投票結果を見る
previous page
9
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧