ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

いきなり年収1000万円になっても、これで大丈夫!?
ソーシャルゲームバブル入社組に憧れるあなたに贈る
ゲーム業界の歩き方2013・幸せマニュアル編

石島照代 [ジャーナリスト]
【第46回】 2013年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 一方で新入社員の平均年収は上場企業系経営幹部によると、「大卒の場合大手ゲーム会社なら約260万円。中小企業だと220万円くらい」。というわけで、新入社員の年収1000万円は相場から考えてもやはり高いようだ。この理由について、あるソーシャルゲーム企業でエンジニア新卒面接を担当したある関係者は、次のように語る。

 「これだけもらえるのは絶対に理工系出身の開発職で、しかも学部卒ではなく大学院修了クラスが絶対条件です。ただし、名だたる研究室から推薦されたスーパーエンジニアの場合は1500万円から条件折衝がスタートすることは珍しくありません。

 たしかに、ソーシャルゲーム業界なら非開発職でも某国立難関大学生を1000万円払って入社させるケースも聞いていますが、その目的は完全に会社のプロモーションですね。世間に『あの学校の卒業生がいますよ』と言いたいだけ。新卒非開発職なら500万円が上限でしょうね」

 ソーシャルゲーム業界では新卒非開発職でも年収は500万円ということになると、その時点で開発職平均の522万円に迫ることになる。だが、ソーシャルゲーム業界だけで考えるのであれば、非開発職と開発職は入社時から最大1000万円の年収差が生じている。その現実のなかで、特に実績があるわけでもない非開発職の彼が、「年収1000万円の特別な自分」にこだわっていたことは同情できる。

高級米お取り寄せ、学校は有名私立が当たり前!?
フツーの奥様が変貌したプチバブル

 しかし、「年収1000万円の特別な自分とかいう、もうそのカンチガイが相当ヤバい。ウチの奥さんもそうだった」と語るのは、3年間だけ年収が3000万円を超えていた開発職のAさんだ。

 3000万円の内訳は、基本年収が1000万円、残りの2000万円は報奨金制度(現在は廃止)。Aさんは、その会社に入るまでは年収300万円クラスのパッとしない会社員だったという。前職で知り合った奥さんと結婚後、ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション2」バブル期に業界入りした。作れば売れるプレステバブル真っ盛りにもかかわらず、数年間報奨金とは縁がなかったAさんは「報奨金をもらえるかどうかはどこに配属されるかで決まる。入社以降、報奨金をもらう同僚がうらやましくて仕方がなかった」と当時を振り返る。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧