ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

いきなり年収1000万円になっても、これで大丈夫!?
ソーシャルゲームバブル入社組に憧れるあなたに贈る
ゲーム業界の歩き方2013・幸せマニュアル編

石島照代 [ジャーナリスト]
【第46回】 2013年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

 「大学に入ってからプログラムを始めました、というようなケースでは新卒でいきなり1500万円なんてムリ。その他大勢の薄給プログラマになるだけです。一方、年収1500万円も取れる新入社員なんて、コンピュータが彼女みたいなものですよ。もう中学生の時からプログラムに没頭しているようなケースも珍しくない。

 そんな彼らが、新入社員としていきなり1500万円ももらったら、もうどうなるか想像してください。増えるのは親戚だけじゃない、お友達や彼女候補も増える(笑)。

 なんといっても『年収1500万円の未婚の男』ですからね。ソーシャルゲームなら、彼なんかダブルスーパーレアそのものでしょ、それこそどれだけガチャを回しても出ない。

 ある高給取りプログラマ君はすごい美人と結婚したんですけど、駅チカ高層マンションお買い上げに始まり、海外旅行や高級エステ、高級ブランド品で彼の給料はどんどん消えたそうです。でも、会社の業績が振るわなくて、ある年彼の年棒が下がった。そしたら結局離婚しました。美人妻は彼をATMとしか見ていなかったんでしょうね。彼はその後会社も辞めてしまいましたが、本当に優秀な人でしたから残念でしたよ。ここまで悲惨な話はあまりないけど、似たような話はゴロゴロしていますよ」

 この話を聞きながら思ったのは、「やっぱり、コンテンツ業界にもタガメ女は出たか~」ということだった。タガメ女とは、深尾葉子大阪大学大学院准教授が「日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体」(講談社α新書刊)で提唱した女性のタイプのこと。高収入の男性(カエル男)を「幸せな家庭」というタガにはめて安い小遣いしか渡さない一方、子どもは私立学校へ通わせながら、自分は高級店でのママ会ランチにいそしむ毎日を送るような女性が該当する。日本最大級のカメムシ「タガメ」が獲物に対して針状の口吻を突き刺して消化液を送り込み、消化液で溶けた液状の肉を吸う捕食行動に似ていることから「タガメ女」と名付けられた。

高給は今だけ、来年は下がる
生活水準をいきなり上げない、突然モテたら疑ってみる

 金の切れ目が縁の切れ目、それは世の常かもしれない。だが、自分がモテないと自覚している場合は、美人の誘惑に耐えられないだろう。ダマされている他人がいるのは承知で、「自分だけは大丈夫」と思いたいのだ。筆者も開発者の恋愛相談にさんざん乗ってきたので、気持ちは痛いほど分かる。しかし、そんな不器用な彼らだからこそ、幸せになってほしい。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧