ショウガ抽出物とチャ抽出物で、独特の刺激とキレを味わえるRAIZIN。185ml、216円(税込)。この夏にはメンソール系の「RAIZIN COOL」も発売予定(夏期限定)

 さらには、パンチのあるテレビCMで人気の「RAIZIN」(ライジンジャパン)では、エナジードリンクの魅力を次のように捉えている。

「疲れがひどい時や風邪をひいた時など、本当につらい時は栄養ドリンクを、一方で気持ちやテンションを上げたい時、清涼感を得たい時などに手にとるのがエナジードリンクだと考えています。栄養ドリンクの茶瓶を持つのは抵抗があるという方々も少なくないので、デザインのファッション性も高く、若い層にも広くアプローチできるエナジードリンクは、今後もますますニーズが高まるでしょう」(ライジンジャパン マーケティング担当)。

 ジンジャーの刺激が印象的なRAIZINのコアターゲットは、20代後半~30代前半。男女比は約6:4だ。甘くないエナジードリンクを追求する過程で、人の味覚は辛さや苦さが癖になるとされているため、日本古来の香辛料であるジンジャーに着目した結果、この辛めのジンジャーテイストに行き着いたという。

「エナジードリンク市場はこの数年で急激に伸びていますが、それは各メーカーが有望なマーケットと睨んでいるから。この市場は今後ますます活性化し、競争が激化していくでしょうね」(同)

 このように、成熟し続けるエナジードリンク市場であるが、我々ビジネスパーソンもその効果をうまく活用して、快適な夏を過ごしていきたいものである。

(田島 薫/5時から作家塾(R)