アメフトを好きになったのは中1の時だから、もう40年来のアメフトファンということになります。さほどNFLに詳しいわけでもないけど、日本の大学でも社会人でも競技レベルの高い低いにかかわらずゲームを見ているとすぐに引き込まれてしまう。 

 僕は53歳になった今でも、年間50試合プレーする草野球選手であり高校野球オタクではあるけど、見るだけなら、断然アメフトのほうが好き。最大の理由は、<作戦を予測する楽しみ>。他に<決められた時間内で短いプレーを重ねていく><攻守が即座に入れ替わること>などルール上のことが大きいのですが、もうひとつ大事なことは<見た目がカッコイイ!>これまた、たまらない魅力です。

 中学に入った時、NFLのロゴマークが入ったノートが発売されてドハマリした。「マイアミ・ドルフィンズ」や「サンフランシスコ・49ers」「デンバー・ブロンコズ」「ワシントン・レッドスキンズ」「ニューヨーク・ジェッツ」「グリーンベイ・パッカーズ」など、お小遣いをつぎ込んで、ロゴ入りのヘルメットが描かれチームカラーでデザインされたノートをコレクションしていた。子供心に火を付ける底わくわくするビジュアルだった。

■参考:「NFL全チームロゴマーク」→下にはすでになくなったチーム&ロゴも

NFLは地域でリーグが分かれる
では東京に置き換えることはできるか

 ちょうど同時期に、ふらっと「金沢市民グラウンド」の横を歩いていたら、会場のアナウンスで「只今から、北陸で初めての、アメリカンフットボールの公式戦が始まります」と聞こえてきて、たまたま「金沢工大対どこか北陸の大学」の試合を観戦できたこともアメフトファンへの後押しとなった。

 テレビでも何度か目にするようになったのは高校の頃だったか。最初は、ただかっこいいなと見ているだけで、ちんぷんかんぷんだったルールも見ているとだんだんわかってくる。

■参考:「ルール解説」

 上京後は、日テレ深夜でアメフト番組が始まったり、日本の大学では日大の全盛、京大の台頭などあり、だんだんハマり、ついにアメフトのムックや、正月の日本一決定戦「ライスボウル」の新聞記事広告の原稿も書いたりと仕事にも少々なったりまで。とにかくアメフト好きはずっと変わらず続いています。

 そんな、大好物であるからには、アメフトネタでインフォグラフィックを作りたいと思ったのが制作への入口です。まっさきに決めたことは、やはりあのヘルメットやロゴのかっこよさは生かしたいということでした。

 ここをマスト案件にして、ではどうやって見立てるか? そうアメフト関連事項に考えを巡らせて、基軸に置こうと思ったのは、NFLの組織構造でした。