創続総合研究所
会社にお金を残す節税対策
【第4回】 2007年10月25日
著者・コラム紹介 バックナンバー
高橋敏則 [公認会計士、税理士]

節税対策は早め早めに時間をかけて念入りに

 実は、赤字の会社の社長さんこそ税金の勉強をすると得るものが大きいんです。

 考えてみてください。

 会社にかかる税金って、法人税だけじゃないですよね。

法人住民税均等割、消費税、印紙税、それから社長さんの報酬にかかる所得税など法人税以外に赤字に関係なくかかる税金というのはたくさんあります。

 そういう税金に対して、ちょっとした知識と工夫があれば払わなくてすむようなものがいくつもある。それをみすみす見逃してしまっていては、未来に向かって会社を伸ばしていくための大切なお金が会社に残らないですよ。

節税とは「1円でもお金を多く残すこと」

 では、会社にお金を残すというのはどういうことか。

 現金収支をきちんとしておくっていうことですよね。

 期末になって帳簿上で黒字になっていても、手元に現金がなかったら税金も払えないなんていうことになりかねない。

 だから税金を考えるっていうことは、会社の現金収支をきちんとつかむことにもつながっていくわけです。

 「キャッシュフロー経営」なんてかっこいい言葉が新聞やなんかで出てきますけど、こんなの前から中小企業の社長さんたちはやってきたわけですよ。意識しているかどうかは別にして。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

高橋敏則 [公認会計士、税理士]

1956年、千葉県生まれ。中央大学商学部卒業。79年、公認会計士二次試験合格後、外資系会計事務所、監査法人を経て独立し、高橋会計事務所を開設、現在に至る。中小企業の経理・財務・税務の指導を行うほか、相続税コンサルティングに従事。各種セミナーの講師としても活躍中。

 


会社にお金を残す節税対策

税理士まかせじゃ節税できない。稼いだカネは自分で守れ!この方法なら、税金はまだまだ減らせる!課税売上高が引き下げられた消費税対策にも完全対応。

「会社にお金を残す節税対策」

⇒バックナンバー一覧