次の次はお好み焼きに

 パリの日本食はすしとラーメン一辺倒なのか? じつはラーメンの次にフランス人を虜にしそうな日本料理が、お好み焼きである。ポイントは、再び甘辛いソースだ。近年パリでは、たこ焼きとお好み焼きを扱う店のオープンが相次いだ。それらは主に日系だが、その中で初めてフランス人としてお好み焼き屋を開いた「atsuatsu(アツアツ)」という店がある。

 同店は、大学で日本語を学び、日本に留学経験もある知日派オーナーによって経営されている。同オーナーは、パリの日系レストランに勤めた後、独立。開店までは、ジャパンエキスポなど日本関連イベントで、お好み焼きやたこ焼きなどを扱うブースを展開し、フランス人に受けるスタイルを模索してきた。広島市に本社を持つ「おたふくソース」でも研修を積んだ。

 そのオーナーによれば、お好み焼きがフランスで受け入れられやすい理由は、柔軟さにあるという。パリには様々な人種・思想・宗教の人がいる。お好み焼きは読んで字のごとく「お好み」に焼くため、禁忌とされる食材を他のもので代替しやすい。ソースもフランス人の好きな甘辛なので問題ない。そして、客から見える位置に置かれた鉄板で調理されることによって、フランス料理にはあまりない、ライブ感も客にもたらしてくれる。

フランス人が焼くお好み焼きと「エビ」の入ったたこ焼き

 同店のメニューからは、フランス独特の事情も散見できる。例えばたこ焼は、タコを使わずエビを使っている(通常のたこ焼きもある)。南仏の人々にとってタコは身近な食材である一方で、北部フランス人はタコを食べ慣れていない。そのタコをエビに替えたことで、タコが苦手なフランス人でも、手に取ってもらえるようにした。エビできっかけを作り、「たこ焼きのようなもの」がフランスで広まっていく段階で、本来の姿であるタコ入りのたこ焼きも、知られていけばいいと考えたのだ。