★「YDK」CMコピーから始まる「3文字時代」

 最近テレビで流れ、不思議と心に残るフレーズ、「♪やればできる子YDK」。明光義塾のCMです。そして、この影響で、世の中に溢れる、有名な英字3文字の言葉を再検証するのがブームとなっています。石黒総研では、ベーシックな例をピックアップしてみました。

【「コップのフチ子」の亜流が続々と!】<br />【「SEKAI NO OWARI」の元メンバー!】<br />【「3Dプリンター」で作りたい最強アイテム】など8本

★【スクープ!】「SEKAI NO OWARI」の元メンバー!

 日本のミュージックシーンにおいて、飛ぶ鳥を落とす人気の「SEKAI NO OWARI」。メンバー4人の結束は固く、一軒家を借りて共同生活を送っているらしいが、実は、すでに脱退したメンバーが4人もいたことが、このほど石黒総研のスクープによって明らかに! この発表により、本当に世界の終わりが訪れるという予言者がたくさん現れています。

【「コップのフチ子」の亜流が続々と!】<br />【「SEKAI NO OWARI」の元メンバー!】<br />【「3Dプリンター」で作りたい最強アイテム】など8本

★「3Dプリンター」で作りたい最強アイテムは

 拳銃、人体各部、自動車、から家まで。どんな大きさでも形でも、理論的には作れないものはないという状況になっている、「3Dプリンター」。その魅力の真骨頂は、<いかにデコラティブな形状を再現できるか>。ではベストマッチのアイテムは何か? を検証し、突き詰めた結果、以下のラインナップが見えてきました。こんなデコラティブなものをどうやって再現するのでしょう……。

【「コップのフチ子」の亜流が続々と!】<br />【「SEKAI NO OWARI」の元メンバー!】<br />【「3Dプリンター」で作りたい最強アイテム】など8本