ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

グループ・グローバルIT運営の要点

――組織間の協調関係の成熟度に応じた取り組み

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第42回】 2015年5月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5

各事業体の経営層による
コミットメントが重要

 グループ・グローバルを視野に入れたIT戦略施策の遂行は、力技で成し得るものではなく、組織間の協調関係がその土台となることを念頭に置く必要がある。そのためには、協調関係に着目したグループ・グローバルIT運営の成熟度を自己評価し、これに即した施策を進めていくことが有効と考えられる。また、同時に協調関係の成熟度を着実に高めていく取り組みを行っていくことが求められる。

 こうした取組みはIT部門が単独で実現できるものではない。各事業体のIT責任者は、それぞれの事業体の経営層の指揮命令のもと、各事業体のビジネスを支援することを目的に業務を遂行している。IT部門の間の協調関係が構築されたとしても、各事業体の経営層の理解が得られなければ、その努力は水泡に帰すこととなる。

 グループ・グローバル本社の経営層は、各事業体の経営層に対して、グループ・グローバル経営の相乗効果への期待とともに、それを支えるITガバナンスの重要性を発信することが求められる。その際、本連載28回「利害の対立を乗り越えれば、最強集団になれる――グループ経営とITガバナンス」で述べたグループ経営のシナジーとグループITガバナンスの意義に対する自社のスタンスを明確に伝えることが推奨される。

previous page
5
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧