会社の変革もリーダー育成も「社長の器」次第

 後継者を選ぶ際には、他にも注意すべきポイントがあります。

 最終的に先代の経営者が次の社長を指名することは多くありますが、社長の選び方の基準を変えたところで、先代の社長に選ばれた経営者は、先代を否定できず、変革を進められないケースもあります。

 変革に着手し、次期社長が孤軍奮闘したところで協力者がいなければ、後ろ盾たる先代の影響力が薄まるにつれて支持が得られなくなり、会社まで傾くことがあるのです。

 そうならないよう、社長だけでなく周りを固める番頭の育成も同時並行で進める、チーム経営の体制を整えることも必要でしょう。この場合も研修を進める過程で、誰もが「誰が社長になっても支えていこう」と思えるようになることが理想です。そうでないとチーム経営に支障が出たり、社長になれなかった人が辞めてしまうかもしれないからです。

 もっとも、大手企業の場合は、会社は社員にとっては自分の社会的地位を担保する存在と捉え、社長レースに負けたところで自分も周囲も「役割分担」と捉えるだけで、「自分が否定された」などは考えないでしょう。

 ところが、中小企業の場合は、少し事情が異なります。

 社長レースに負けると社内に居づらくなり、優秀な人材が辞めてしまうことも多くあります。それを防ぐには、社長自身が「この会社はオレのものではなく、社会にとって重要な、もっと成長する必要があるものだ」と考えることです。すると自然に「会社の発展や未来に貢献しよう」という意識が醸成され、社内の空気も変わっていくでしょう。それこそ社長が“私心を捨てる”ということに他なりません。

 結局のところ、会社の変革もリーダーの育成も「社長の器」によるところが大きいと言えます。