スマートエイジングライフ
若返るカラダの秘訣 池内誠
【第1回】 2016年3月23日
池内 誠 [日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]
著者・コラム紹介バックナンバー

老けて見える人の姿勢には、4つの特徴があった!

 今のあなたの姿勢は、以下の4つにあてはまっていませんか?

(1)猫背
(2)肩が内側に入っている
(3)下あごが前に出ている
(4)腰(おしり)が引けている(骨盤が後傾している)

老けて見える姿勢。猫背、肩が内側に入っている、下あごが前に出ている、お尻が引けている。すべてに当てはまると、老けて見えてしまいます

 意外と自分は大丈夫と思っていても、鏡を見れば一目瞭然。どれか1つでも当てはまっていれば要注意。実年齢より老けて見られている可能性があります。

 一方で若く見える人はその逆で、(1)背筋が伸びている、(2)胸を開いている、(3)下あごを引いている、(4)腰が引けておらず骨盤が真っすぐな状態になっています。つまり、正しい姿勢とは、胸を開いて、肩が体幹の前に出ていない状態になります。

若く見える姿勢。老けて見える姿勢の逆をするだけで、一気に印象は変わります

 姿勢が悪くなる原因としては、生活習慣や疲労、メンタルの悪化が考えられますが、体と心は一心同体です。「病は気から」とは言いますが、姿勢が悪いと、見た目の若さだけの問題だけではなく、心にも影響を与えます。姿勢が悪ければ暗い気持ちを加速させ、姿勢を変えることで、顔つきや顔色も良くなり、気持ちを明るくすることにつながるのです。

池内 誠
[日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]

1969年生まれ。1992年~96年横浜マリノス・アスレティックトレーナー、2004年ベガルタ仙台・アスレティックトレーナー、2006年~現在サッカー日本代表アスレティックトレーナー。整形外科内科に勤務する傍ら、株式会社サミーネットワークス、SmartNews株式会社内の治療室にて、あん摩マッサージ等を行う。

若返るカラダの秘訣 池内誠

40代を超えると肩・首・腰・脚とあらゆるところに不調が現れます。この連載では、現役プロスポーツ選手と一般のビジネスパーソンを今も診ている池内誠さんに、そんな不調の原因を洗い出していただきながら、意外で簡単な解決法を紹介。無理のない“簡単な続けられる方法”で、若返るカラダづくりを目指します。

「若返るカラダの秘訣 池内誠」

⇒バックナンバー一覧