男の子へはこう接する

 では、男の子はどうでしょう?

 花をちぎるために手を出したり、先へと進むことに熱中し、なかなか花の前で止まりません。
 男の子は、ベビーカーに乗せているときでない限り、この働きかけには応じないでしょう。

 二足歩行ができるようになると、お母さんの声がけに対する反応も個性が出てきます。

「この花とこの花、色が違うね。こちらのと同じだね。この花だけ違うね」

 と、花の大きさや色で興味を持たせ、においについて語りかけます。

久保田 競
(Kisou Kubota)
1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

 赤ちゃんのときから、

「くさい、くさい、早くキレイにしようね」
「気持ちよくなったね。もうくさくないです」
「このみかん、いいにおいしてるね。おいしいよ」

 などと、折に触れて、においについての働きかけをしていると、子どもの脳に、においの感覚がすっと入ってくるようになります。

 においを感知して、すぐに鼻をつまんでも、そのにおいを消し去ることはできません。

 子どもは、においについて、それまでにたくさんの洗礼を受けてきています。

 お母さんの感じたままを、言葉やしぐさで示すだけでいいのです。

「くさい」「いいにおい」だけの表現ではなく、必ずそのにおいについて語りかけてください。

≪競博士のひと言≫
 におい感覚の発達の性差がなぜあるのか、細かい研究はまだ行われていません。
 いろいろなにおいを嗅がせ、それについて語り、においに興味を持つように仕向けましょう。このときに、関連づけた知識も教えます。ただ、決して親の主観を押しつけないことです。