「趣味の読書だから放っておいてくれ」ということもあるでしょう。ただ、読書はいいものだ、多読は人生を豊かにする、というお題目のもと、私のように「受け身の読書」「逃げの読書」をするのはちょっともったいないかな、ということですね。

 ここで必要なのは、

「売れているから読む」
 「紹介されたから読む」
 「暇つぶしで読む」

 という「受け身の読書」ではなく、自分の問題意識にそって本を読む「攻めの読書」に切り替えることです。

 特に大事なのは「問題意識」に沿って本を読む、ということではないかと思います。

 現在、書籍の刊行点数も多いですし、インターネットを含め多くの情報が氾濫しているような状態です。

 そこでくるものを拒まず取り入れていたら、時間が足りませんし、様々なジャンルの情報に触れたとしても、ただ触れただけで、結局何も手に残らなかった、ということにもなりかねません(ベストセラーだって、ただタイミングがよくて売れているものもありますし、今は「あの本を読んでいないと話についていけなくなる」という時代でもありませんから、私は後回しにしています)。

 また、逆にいえば、自分の問題意識に則って、読書や情報収集を徹底し、ブログで発信していけば、勉強会などで話してほしいと言われるくらいの知識は身につきます。テーマに沿って、着実に情報収集をし、発信する努力を続けている人は、決して多くありません。

 さらに、ただ本を読むだけでなく、人に会ったり、現場に足を運んだりしたほうが、本で得た知識も深まり、自分の力になります。

情報洪水時代の「攻めの読書」をする方法

 そこで私が提唱するのは、「受け身の読書」、時間をだらだらかけるだけの「逃げの読書」ではなく、「攻めの読書」です。

 その内容を少しご紹介します。