【第十六回】 2015年11月20日 野地秩嘉 :ノンフィクション作家

亀有の誠実無比な食堂に、
「ご飯と味噌汁がおいしくなければ意味がない」
という“定食屋の覚悟”を学ぶ

有料会員になると記事の印刷機能がご利用いただけます。
詳細はこちら