山中恵美子(やまなか・えみこ)
一般社団法人瞬読協会 代表理事
株式会社ワイイーエス 代表取締役社長
1971年生まれ、甲南大学法学部卒業。大学在学中に日本珠算連盟講師資格取得。卒業後、関西テレビ放送株式会社に勤務。2003年、そろばん塾を開校し、5教室でのべ2000人以上を指導。2009年、学習塾を開校。グループ30校舎で約2万人の生徒を送り出す。現在は、学習塾を経営する傍ら、子どもからビジネスパーソン、経営者、シニア層までに瞬読を伝え、分速38万字で読める人を出すなど、これまで1万人以上に指導している。また、「瞬読開始3か月後の模試で国語の偏差値が49から64に! 」「1ランク上の高校に合格できた」「3年間、歯が立たなかった中小企業診断士の資格が1年でとれた」「英検1級、2回連続で不合格。瞬読をつかって約半年で合格! 」など、勉強で成果を出している人が続出。テレビ「教えてもらう前と後」(MBS/TBS系)や「おはよう朝日です」(ABC)、雑誌「女性自身」など、多数のメディアに登場。著書に、『1冊3分で読めて、99%忘れない読書術 瞬読』『1日5分見るだけで、1週間で勝手に速く読める! 瞬読ドリル』(SBクリエイティブ)がある。

著者からのメッセージ

 知識を多く暗記していれば優秀だと判断された時代から、多くの知識を組み合わせながら、自分の頭で考えて創造する能力が求められる時代になりました。それは、学生も社会人も企業も同じ。そんな時代の変革スピードに、さらにコロナ禍が拍車をかけています。

 まったなし。まさにそんな時代です。勉強において左脳(暗記)重視で知識を詰め込むのではなく、これまであまり使えていなかった右脳(思考力、判断力、表現力)の力を利用して、迅速かつ大量に情報処理を進める時代へ。瞬読を使った勉強法は、それを可能にするのです。

 たとえば私が直接指導した子どもたち。これまでどんなに勉強しても点数が取れなかった暗記教科が、試験当日の通学路で試験範囲の教科書をパラパラめくるだけでクラス1の高得点を取った生徒がいます。

 現代文が苦手で、過去のセンター模試では5割も取れなかった生徒が、瞬読を取り入れた受験勉強で、センター試験本番で9割超の点数を獲得。学校の先生も、塾の先生も、親御さんも絶対無理だと言っていた超難関大学に現役合格しました。

 社会人の生徒さんも、仕事をしながら難関と言われる資格試験に次々と合格しています。これらの例は特別なことではなく、誰もが持っているのにこれまで使えていなかった能力を引き出してあげることで、同じ人間とは思えない進化を遂げるのです。

「瞬読に出会えてよかった!」
「瞬読で人生変わりました!」

 数多くいただく喜びの声が私のいちばんの喜びです。この本を通じて、一人でも多くの方にそれを実感していただきたい。私の願いです。瞬読は、本当に短期間で見違えるほどの成果が出せる勉強法なのです。みなさんの能力が開花し、思い描く未来を手に入れる人が一人でも多く生まれますように。

 瞬読は、単に本が速く読めるだけにとどまらず、夢をかなえる最強のツールなのです。


新刊書籍のご案内

『たった1分見るだけで頭がよくなる瞬読式勉強法』
山中恵美子著、1540円、ダイヤモンド社

「瞬読式勉強法」は、受験勉強、資格試験、TOEIC ®・英検、昇進試験など、すべての試験に効果を発揮する勉強法です。

勉強法と銘打ってはいますが、「型」を覚えるものではありません。

どんな勉強をするにしても、どんな教材を使うにしても、勉強前の1分、本書で用意した5つの瞬読トレーニングを行うだけで、短期間で目標を達成するものです。

■ご購入はこちらから
[Amazon.co.jp][楽天ブックス][紀伊國屋書店]