NISA口座の比較&活用術
2016年2月20日公開(2016年3月30日更新)
バックナンバー

「NISA口座の比較&活用術」

著者・コラム紹介

NISA口座の比較&活用術

ザイ・オンライン編集部

NISA口座にも最適な5万円以下で買える
高配当&好業績の4銘柄を発表!
2016年に入って続く株価下落の今がチャンス!

日本株は2015年12月から下落基調が続き、2016年の年明けからはさらにその勢いを強めた。しかし、見方を変えれば、これから株を買う人にとっては大きなチャンスが到来したということ。安く買える株が増えた今、その中から「今が買い」の5万円以下で買える株4銘柄を2月19日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の大特集「高配当&好業績の10万円株を底値買い」の中からこっそり公開!

タイミングを分けた複数単元の売買や
複数銘柄への少額分散投資のチャンス!

 年初からの下落で底値圏まで下がった株の中でも最もオススメなのが、5万円以下という少額で買える株だ。タイミングを分けて買い増したり、複数の銘柄に分散投資もしやすい。NISA(少額投資非課税制度)の枠をムダなく使い切るように埋めていくにも便利だ。つまり、少額株は、株の初心者にも上級者にも好都合な株というわけだ。

 それに5万円以下の少額で買える株だからといって、知名度が低くて、業績がイマイチというわけではない。

 まずはヤフー(4689)。同社は言わずと知れた広告やECを収益源とするポータルサイトで圧倒的な知名度を誇る会社だ。検索連動型広告やディスプレイ広告など、広告関連サービスが堅調に推移。M&Aにも積極的で、通販会社のアスクル(2678)を子会社化するなどECにも注力しており、5万円で買える。

NISA口座にも最適な5万円以下で買える!ヤフー(4689)は、積極的なM&Aも奏功し業績は拡大基調が続く検索連動型広告やディスプレイ広告などの広告関連サービスが堅調に推移。パソコンから成長余地が大きなスマホに軸足を移している点も評価できる。M&Aに積極的で、通販のアスクルを子会社化してEコマースにも注力している。15年末には高級宿泊予約サイトの「一休」も子会社化。M&A効果が寄与し、業績は拡大基調が続く見込みだ。今後のネット企業の合従連衡の中でも、中核的な存在となるため、下落局面でも反発期待が強い株だ。※データ欄の地色について、下落率は20%以上、PERは10倍以下、PBRは1倍以下、配当利回りは2.5%以上、1株配当は50円以上を赤で表示。チャート内の横線1は2/5の株価から下落した場合の下げ止まりメド、横線2はその次の下げ止まりメド。以下3銘柄も同じ。

 「特にスマホ向けはまだ成長余地があり、収益性を考えれば、株価は割安」(クォンツ・リサーチの西村公佑さん)

 次に紹介するのがパイオニア(6773)。昔はレーザーディスクで有名な会社だったが、今ではすっかり様変わり。カーナビなどの車載機器に強みを持ち、今後のクルマ社会を支える自動運転分野における技術の活用が期待されている。

NISA口座にも最適な5万円以下で買える!パイオニア(6773)は、クルマの自動運転のほか将来有望なテーマが多数。家庭用AV機器事業からは撤退し、カーエレクトロニクス事業に注力する。足元では、大規模な新規受注により、OEM売上げが増加。独自の光学技術を応用して開発した走行空間センサーを活用したクルマの自動運転に向けた取り組みも評価できる。また、透過型の有機EL照明や空中に立体映像を映す技術など、近未来的な案件にも期待。15年3月期は経常赤字に陥ったものの、16年3月期はV字回復の見込みで業績に対する安心感も強い。

 さらに、オススメはJVCケンウッド(6632)だ。同社も自動運転関連として要注目で、ベンチャーのZMP社と協業を進めている。ZMPは上場への期待も大きく、上場が決まればJVCケンウッドも人気化する可能性が大だ。

NISA口座にも最適な5万円以下で買える!JVCケンウッド(6632)は、ZMP社が上場となれば株価上昇に弾みもカーエレクトロニクス事業を軸に展開する。自動運転関連ベンチャーのZMPと協業しており、2020年の自動運転車の公道利用解禁に向けて注目される。ZMPの上場が承認されれば、さらに人気化し株価上昇の期待も。

 最後のもう1銘柄がエリアリンク(8914)だ。エリアリンクは超少額の約1万円から投資が可能。レンタル倉庫を手掛けており、地方へも進出中で業績拡大を続けている。

NISA口座にも最適な5万円以下で買える!エリアリンク(8914)は、倉庫需要は全国で拡大株価に下値不安は少ないレンタル倉庫事業を軸に、収益不動産の売買なども展開。郊外や地方にも積極的に進出しており、足元の業績は好調。レンタル倉庫は全国で増加しており、今後も市場拡大が見込める。PERから見ても割安で、下値不安は少ない。

 今回紹介した4銘柄をすべて買っても約13万円。「下がった時に買う人が株で勝つ」を実践してみてはいかがだろうか。

 ところで、2月20日発売のダイヤモンド・ザイ4月号には、「高配当&好業績の10万円株を底値買い」の大特集が載っている。昨年末と比べて約3000円も日経平均が下落している今、底値で株を買うための方法から10万円株のメリットまで、オススメ株とともに大公開。配当利回り4%以上や5万円以下で買える株も満載だ。このほか、「緊急レポート!誰が日本株を売っているのか」「9割が赤字に!毎月分配型投資信託の本当の利回り」「桐谷さんのNISA!過去2年の全成績&今年の勝負株」「新連載!AKB48 in NISA株&投資信託真剣勝負」に加え、分厚い別冊付録「1億層下流社会のワナ!下流人生&老後破綻の防ぎ方」もついている。ダイヤモンド・ザイ4月号も、ぜひ読んでみて欲しい(アマゾン楽天ブックスなら送料無料)。

NISAに最適な証券会社とキャンペーンの最新情報が満載!NISAの最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

【2016年7月1日更新!】
◆NISA口座の株式売買手数料や取扱商品、キャンペーンを徹底比較!
 NISA投資で利用すると得する、おすすめネット証券はココだ!

株式売買手数料
(税抜)
取扱商品
住民表取得代行の
無料サービスの有無
国内株 海外株 投資信託
◆マネックス証券
無料
米国株
中国株
850本以上
(300本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月30日まで)
マネックス証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料なのに加えて、海外株(海外ETF含む)も購入時の手数料が全額キャッシュバックされる(=実質無料)。NISA口座で国内株の売買手数料が無料になるネット証券会社は複数あるが、海外株(海外ETF含む)の買付手数料が無料になるのはマネックス証券だけ! 低コストでNISAのメリットを最大限生かせるのでおすすめだ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
無料
米国株
中国株
アセアン株
2000本以上
(900本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月16日まで)
【楽天証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要となる)。海外株は米国、中国(香港)、アセアン各国と、幅広い銘柄が揃っている。さらに、投資信託のラインアップも2000本以上と充実しており、約半分は販売手数料が無料
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
無料
米国株
中国株
韓国株
ロシア株
アセアン株
2000本以上
(880本以上は
販売手数料無料)
あり
(6月30日まで)
【SBI証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料、かつ海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要)。米国、中国(香港)、アセアン各国のほか、韓国、ロシアなど、NISA口座対応の海外株が充実しているので、海外株に投資したい人にはメリット大! NISA口座開設で1000円もらえるキャンペーンも実施中。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
無料 × × なし
【松井証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料。海外株、投資信託の取り扱いはないが、国内ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)の情報が充実しており、分散投資した場合の運用シミュレーション機能などは充実。顧客満足度調査でネット証券の中で1位になるなど、豊富な情報ツール、サポート体制も充実だ。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券
無料 × × なし
【GMOクリック証券のNISA口座のおすすめポイント】
ここ数年、急激に株式市場での売買代金シェアを増やし、ネット証券の5強に割って入るなど、個人投資家の支持を集めているGMOクリック証券。NISA対応はしていないが、FXやCFDなど、商品ラインアップが豊富なので、NISAを入口にさまざまな投資に挑戦したい人におすすめ
【関連記事】
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid/iClick株を徹底研究!~適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!
GMOクリック証券の公式の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券
無料
(※買付時のみ。
売却時は
90~1170円)

× 800本以上
(400本以上は
販売手数料無料)
あり
(9月30日まで。
代行サービスを
利用しない場合は
500円プレゼント)
【カブドットコム証券のNISA口座のおすすめポイント】
個別株は買付時のみ手数料無料だが、「MAXIS 日経225上場投信」など13のETFは売買手数料が無料! さらに、NISA口座を保有していると、一般口座(と特定口座)の現物株式売買手数料が最大5%割引になる「NISA割」もお得! 500円から個別株に投資できる「プチ株」や、「プチ株」を毎月積み立て投資できる「プレミアム積立」も利用可能で、資金が少ない初心者向き!(ただし、「プチ株」「プレミアム積立」の場合は通常の手数料が必要)
【関連記事】
◆カブドットコム証券のおすすめポイントはココだ!~無料の「フリーETF」や 最強銘柄選びツールの賢い使い方とは?
◆【カブドットコム証券の株アプリ/kabu.com for iPhone/Androidを徹底研究!】取扱い商品、特殊注文、テクニカル指標、すべてが充実のアプリ!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
カブドットコム証券の公式の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
125~1500円
(約定代金による)
× 700本以上
(240本以上は
販売手数料無料)
あり
(6月30日まで)
【SMBC日興証券のNISA口座のおすすめポイント】
証券会社でトップクラスのIPO取扱実績を誇り、NISA口座でもIPOに参加できるので、公募価格の数倍になることもあるIPO投資で非課税のメリットを生かせるかも! 東証に上場する銘柄のうち、約2200銘柄に1万円から1000円単位で投資ができる「キンカブ(金額・株数指定取引)」もあるので、NISAの限度額120万円をムダなく使えるのも魅力。リスク分散したい慎重派にもおすすめ。
【関連記事】
◆SMBC日興証券のおススメポイントはココだ!~信用完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」が利用できる
SMBC日興証券の公式の公式サイトはこちら
◆岡三オンライン証券
99~1000円
(約定代金による)
× 100本以上
(40本以上は
販売手数料無料)
なし
【岡三オンライン証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座の売買手数料が有料なのは残念だが、そもそも一般口座(と特定口座)の手数料はネット証券でも割安で、FXやCFD(くりっく株365)などの商品ランナップが充実しているので、NISAをきっかけにいろいろな投資をしたい人にはおすすめ。
【関連記事】
◆岡三オンライン証券のおすすめポイントはココだ!~個性的な「クライアント型」トレードツールと充実の投資情報が魅力!
岡三オンライン証券の公式の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券
80~400円
(約定代金による)
× 1本
(ひふみプラスのみ。
販売手数料無料)
なし
【ライブスター証券のNISA口座のおすすめポイント】
顧客満足度調査の「ネット証券 手数料部門」で1位を獲得するなど、売買手数料の安さはネット証券でもピカイチ! NISA口座しか利用しない株式投資初心者には他のネット証券ほどメリットはないが、NISAをきっかけに長期的に投資を始めたいなら、手数料が安いライブスター証券はおすすめ!
【関連記事】
◆ライブスター証券のおすすめポイントはココだ!~日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値
◆【ライブスター証券の株アプリ/livestar Sを徹底研究!】特殊注文&長期間の注文に対応。手数料の安さも魅力!
岡三オンライン証券の公式の公式サイトはこちら

 

優待名人の桐谷さんが「おすすめ」とお墨付き!
一般口座は約定代金10万円まで手数料無料、
NISA口座も手数料が無料!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい「株」の必勝法
10万円のラップ誕生
ふるさと納税で温泉

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【8~12月権利確定の株主優待ベスト80】
日本株に見るアベノミクス5つの失敗
ひふみ藤野英人さん株選び&売買術
急騰開始テーマ株と売り急ぎの防ぎ方
・長期向け高配当株儲ける2つの売買法
下げすぎ反発株とその目標利益の決め方
・長期上昇株自動の損切り&利確の仕方
10万円からできる低コストラップとは?
・ロボアドバイザーのお任せ投資ガイド
ザイ読者15人「株デビュー」成功術
ふるさと納税旅行クーポンで温泉
・新連載の株入門マンガ恋する株式相場
サラリーマンの年金&退職金が危ない!
・企業版・確定拠出年金の正しい使い方
AKB英国離脱下落投信を買った
・Jリート&米国リートで高利回りを獲得

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

お得な株主優待情報!最新情報、株主優待ランキング!他お得な情報を更新中! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!