ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

衣料品でも低価格PBを導入
ミレニアムが進める脱“百貨店”

週刊ダイヤモンド編集部
2009年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のミレニアムリテイリングが、従来の百貨店モデルからの脱皮を志向して、低価格路線を進めている。

 婦人・紳士・子ども服やインテリアで、従来商品より4割ほど安いプライベートブランド(PB)の「リミテッドエディション」を、9月からそごうと西武百貨店で発売する。

 思い切った低価格を実現するには、「従来の取引先との協業だけでは限界がある」(松本隆・ミレニアムリテイリング取締役)と、ショッピングセンター向けアパレルで中国に200の協力工場を持つクロスプラスなどと組んだ。デザインやパターンの点数を減らし、百貨店側が完全買い取りで在庫リスクを取る。婦人服ならジャケットが1万2000円、カットソーは6000円という価格である。

 さらに、従来の取引先とは、賃料の引き下げや、立地のいい売り場を提供するのと引き換えに仕入れ価格と販売価格を共に1~2割抑える。

 全国百貨店の衣料品売上高は、不況とファストファッションに押されて、2009年上半期(1~6月)は前年同期比13.9%減と大苦戦中だ。消費者の目が肥えたこともあり、「2010年から始まる10年間は、ファッションの世界は“ロープライス”が一つのテーマ」(デザイナーの田山淳朗氏)と、この流れは続きそうだ。

 ミレニアムは、すでに食品ではセブン&アイのPB「セブンプレミアム」を導入するなど、従来の百貨店モデルから舵を切っている。

 ただ、衣料品PBは、「最初の一年間はどこがやってもうまくいく。在庫評価が出てくる2年目からが正念場」(アパレル関係者)だ。過去に百貨店が始めた衣料品PBは、在庫評価損が発生すると、結局メーカーに返品して、うやむやになり立ち消えになってしまうケースが多かった。

 時代のあだ花で終わらないためには、いかに腰を据えて、本格的に取り組むかにかかっている。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 須賀彩子)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧