「やる気が出ない会社」と
回答した社員は全体の6割超に

 まずは、「あなたが今働いている会社はやる気が出る会社ですか? やる気が出ない会社ですか?」という質問を投げかけてみた。結果は、「やる気が出る会社」と回答した人の割合が全体の37%(74人)、「やる気が出ない会社」と回答した人が同63%(126人)となった。世間では「やる気が出ない会社」に勤めている人が、「やる気が出る会社」に勤めている人より1.7倍も多いようだ。

 彼らのモチベーションの差はどこにあるのか。「やる気が出る会社」と答えた会社員に対して「なぜやる気が出ると思いますか?」、「やる気が出ない会社」と答えた会社員に対して「なぜやる気が出ないと思いますか?を自由回答方式で質問してみた。

 結果を見ると、「やる気」にかかわるポイントとして最も多く挙げられたのが、「評価の公正さ」「人間関係や職場の雰囲気の良し悪し」「会社の将来ビジョンの有無」という3つであることがわかった。以下、3つのポイントごとに「やる気が出る人」「やる気が出ない人」双方の意見を見比べながら紹介しよう(記述回答結果は原文ママ)。

①評価の公正さ

【やる気が出る理由】
「働きによって昇給、ボーナスが変わってくるから」(24歳・女性/事務系/静岡県)、「仕事をすることで昇進や昇給にダイレクトにつながるから」(48歳・男性/事務系/茨城県)、「評価が明確で実績に応じて評価されるところ」(31歳・男性/役員/東京都)、「個人主義の会社で自由な体制、成果主義なところ」(39歳・女性/技術系/鹿児島県)

【やる気が出ない理由】
「頑張っても頑張らなくてもおなじだからやる気が出ない」(50歳・男性/営業系/京都府)、「仕事量が増えても給料に反映されないからと、楽している人との差が大きい」(37歳・男性/技術系/岐阜県)、「待遇や給与。実績評価はひいきにしている職員のみ」(42歳・男性/事務系/埼玉県)、「残業代がつかない。サービス残業が毎日ある」(31歳・女性/事務系/神奈川県)

②人間関係や職場の雰囲気の良し悪し

【やる気が出る理由】
「人間関係が良いので困ったことがあっても皆が協力し合って解決できる」(31歳・男性/事務系/宮崎県)、「社員同士の関係がよく、給料明細にはありがとうカードに感謝の気持ちを書いて渡してくれる。」(28歳・女性/事務系/愛知県)