低糖質のおかずを意識しよう

当連載の著者・岡田明子さんの新刊『妊娠できる体は食から 30代からの妊活食』が好評発売中です

 ご飯やパンなどで糖質を摂り過ぎる場合は、おかずに低糖質のものを選んで調整することがおすすめです。海藻サラダ、豆腐サラダ、蒸し鶏、魚の塩焼き、ゆで卵、サバの水煮缶などは糖質が低い食品でコンビニでも手軽に手に入るので一度チェックしてみましょう。

【献立例】

<朝食>
雑穀ご飯、鮭の塩焼き、豆腐と野菜の味噌汁

<昼食>
全粒粉パンのチキンサンド、海藻サラダ、野菜スープ

<夕食>
玄米ご飯、レバニラ炒め、きのこサラダ、もずく酢

 主食の炭水化物にあたるご飯やパンなどの量を調整しつつ、主菜の魚や肉などのタンパク質、副菜の野菜やきのこ、海藻などのビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよくとることが痩せやすい体作りの基本です。

 炭水化物を抜くダイエットをはじめ、流行りもののダイエットに飛びつく前に、自身の今の健康状態や、普段どのようなものを食べていて何が不足していて何を摂り過ぎているのかを把握することがまず大切です。ご飯を抜く前に砂糖を多く含む飲料やお菓子を食べていないか、一度食習慣を見直していくことが「糖質制限ダイエット」の第1歩ではないでしょうか。