不倫劇場を見せつけないで!
周囲が気を遣う不倫関係

 まずは比較的軽めの修羅場から。

「取引先の大手企業との打ち合わせで、先方が男女の2人組だった。男性上司と女性部下だったのだが、何かおかしな雰囲気。途中で女性のほうが急に泣き始めて退席してしまった。後から2人が不倫関係でもめていたことを聞いた。仕事以外で関係ない人たちなので不倫の是非はどうでもいいが、公私混同過ぎて引いた……」(30代男性)

「社長(既婚男性)と同僚(未婚女性)が不倫している。女性の方が関係を周囲に見せつけたいらしく、まるで『社内妻』のように振る舞うのがちょっと……。小さくてアットホームな会社で、たまに社長の奥さんが会社に来ることがあるので、当人たちよりも周囲が気を遣って疲れます」(30代女性)

「バイトしていた学習塾で社員男女が不倫していた。もともとあまり評判の良くない2人で、しかもそのドロドロをほかの社員はもちろん、学生バイトまで知ってしまっているというのが、よろしくないなあと思っていました。一応教育現場なのに……」(20代女性)

 他人の痴情に突然巻き込まれてしまう周囲。本人たちは「不倫劇場」に酔っているのかもしれないが、周囲からすればひどい迷惑だ。

「仕事が全然できないのに、なぜかいい仕事ばかり任されていた女性の先輩がいて不思議に思っていたら、突然退職。後から上司と不倫をし、その関係がもつれまくったからだと知りました。その後も彼女は他の男性と不倫をしているそうで、不倫体質って本当にいるんだなあ……と思いました。その先輩がいた当時、そのせいで仕事を任されない女性が何人も辞めていったので、本当に辞めてくれてよかった」(20代女性)

「取引先の男性と不倫し、離婚までさせた同僚女性がいる。しかし『相手が勝手に離婚しただけで、バツイチと結婚したくない』と言って、今度は社内の別の男性と不倫。その相手から振られそうになると、『向こうから誘惑したのに』『強硬手段に出る』と言って社内に少しずつ関係をばらし始め、めちゃくちゃ怖かった。結局その男性も奥さんと別居し、彼女はまた別の男性と不倫している」(20代女性)

 次々と人の家庭を壊していく女性。術中にハマる男性も男性だが……。