自分を進化させ続けられる
環境に身を置け!

 多くの企業が様々な事業に挑戦していくなかで、経営企画や新規事業開発をやりたい人にとってチャンスの多い状況と言えます。

 そこで、冒頭の質問に戻りますが、「これからお勧めの業種・職種は何ですか?」と質問されても、答えることは非常に困難です。

本連載の著者・丸山貴宏さんの『そのひと言で面接官に嫌われます』が好評発売中!
青春出版社
192ページ
926円(税別)

 なぜなら、テクノロジーと市場の急激な変化は既存の業種や職種にも大きな影響を与え、いろいろな機能が重なったり新たな要素が付け加わったりして、従来の職業観だけではなかなか説明しきれないような仕事が増えてきたからです。

 このような状況のために、業界や職種の垣根を越えた人材の移動が頻繁に起こるようになってきました。たとえば、少し前であればゲーム会社から他の業界への転職はあまり見られませんでしたが、最近は企業がビッグデータを扱える人を探しているために、こうした求人が見られるようになりました。また、広告会社でウェブ系の業務を担当していた人が事業会社へ転職した、といったケースもあります。

 このような混沌とした状況下ではこれからも今までになかったような新しい仕事が生まれ、かつ短期間で変化していくでしょう。そこで重要になってくるのは「どの業界、職種に行くのが正解か?」といった発想ではなく、世の中の変化に順応できるような環境に身を置くことが重要になります。

 つまり、お勧めなのはこれまでのスキルや能力を活かしつつ、「自分を進化させ続けられる環境」で仕事をすることです。

 雇用が変化する時代はチャンスが多く生まれる反面、ぼんやり立ち止まっていたら使えない人になってしまうことに注意してください。

(株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役 丸山貴宏)