日本酒と一緒に味わう洋食

 主人は言う。

「デミグラスソースもさることながら、私が大切にしているのが、ごはん。米がおいしいのが洋食屋だと思うんです。ハンバーグ、カツレツ、ポークジンジャー、やっぱり、ご飯のおかずです」

 おっしゃる通り。加えて、木村洋食店の魅力は日本酒が豊富にそろえてあること。仲のいい夫婦ふたりでさんざん飲みながらセレクションしたものだそうだが、秋田の「天の戸」や静岡の「開運」など、燗酒でも冷酒でもいける逸品ぞろいである。「どちらかといえば辛口でさっぱりしたものが多い」とのこと。

 浅草の洋食店であれば、料理に合わせて日本酒を飲むのが昔ながらの粋な食べ方ではないか。主人がすすめる料理と日本酒の飲み方は次の通り。

 吟醸酒の冷酒には……。鶏のフリカッセ(鶏のクリーム煮)、カキフライ、アジフライ。

 燗酒には……。あさりのガーリックバター、アジの南蛮漬け、ビーフシチュー、タンシチュー。

「うーん、でも、サーロインステーキで日本酒を飲んでた方もいましたし…。こういうと、あれですけれど、日本酒は、どんな料理にでも合うんじゃないかと思います」

 私ならこうする。寒い日ならカキフライ、暑い日ならアジフライを頼む。寒くても暑くても燗酒を頼んで、フライを食べる。その後、ハヤシライス(木曜日が可能性あり)を頼んで、赤ワインを一杯だけ注文する。それが浅草の流儀じゃないかと思うので。


「木村洋食店」

◆住所
東京都台東区西浅草2-9-5
※浅草駅(つくばEXP)から徒歩3分程度、銀座線田原町から徒歩4分程度
◆電話
03-6231-7969
◆営業時間
11:30~14:00 18:00~22:00、水曜定休