スカウトメールの
費用もいろいろ

当連載を大幅に加筆・修正した電子書籍『ゆとり世代のトンデモ行動学』(300円;税別)が好評発売中!

 とはいえ、スカウトメールが全て企業PRというわけではありません。就職(転職)サイトには求人の掲載料金やスカウトメールの費用も記載しているものが大半であり、例えばスカウトメール1200通165万円のサイトもあれば、掲載料金内でスカウトメール10通まで1万円(税別)のサイトといった場合もあります。いずれにしても費用をかけて人材を募集しているのです。真剣にプロフィールを吟味してスカウトをしている場合もあります。

 また、スカウトメールには特典がつく場合もあります。例えば前職の給与を保証する、一次(二次)面接免除、上司との面談を行うなどです。特に転職者など面談の時間に多くの時間を割けない場合には、転職への行動を促すことはあり得ます。業界、業種にもよりますが、自分が積んできた業界の同じ職種であり、企業が即戦力として求めている場合にはこうした特典がつきやすいでしょう。

10年前の職歴が更新されていないのに
スカウトメールが届いたことも…

 スカウトメールは日々送られて来るメールの一通に過ぎません。実際、私自身も以前登録した就職サイトからスカウトメールが送られてきたことがありました。そのメールの内容は、職務経歴を10年前から更新していないためでしょう。当時の職歴に近い職種のものでした。

 真剣に職を探している方にとっては、就活のきっかけの一つとなります。大切なのはそのスカウトメールをどのように読み取って行動につなげるかということです。そして、スカウトメールに頼るのではなく、自分の人材価値を把握して自分からも仕掛けていく意識を持つことで、就活の行動も積極的になり、内定を勝ち取る早道になると思います。

(キャリアコンサルタント 櫻井樹吏)