上司を動かして
評価制度自体を変えてしまう

「でも、いくら自分が頑張っても、会社の人事制度そのものに問題があるのなら、自分の評価も変わらないだろうし、あまり意味がないのでは……?」

 ここまで読んで、そう感じている評価される側の人のために、アドバイスを1つ。

 評価基準が曖昧な会社だったら、評価基準が明確な人事制度に変えるべく、自ら会社に働きかけるという選択肢があります。

“チーフクラスのコンピテンシー”の1つに「動機づけ」があります。これは、チームの目標達成に向けて周囲に働きかけてチームのやる気を高めるというものであり、会社から強く求められる重要な評価基準の1つです。

 この基準に照らすと、上司から指示された仕事しかしない人は、高い評価は得られません。

 目標の実現に向けて、「周囲の人間」を巻き込み、動かしていく主体的な行動力が必要です。そしてこの「周囲の人間」には、当然、上司も含まれます。つまり、目標達成のためには、上司を動かすことも重要な任務の1つなのです。

 上司を動かし、制度自体を変えてしまいましょう。部下やメンバーがいるなら、彼らを巻き込んで上司に提案する。部下がいないなら、同僚や他部署、外部スタッフやお客さまなど、会社の外の人も動かす。多くの人を動かす積極的な行動力は、人事評価の対象にもなります。

 また、自分の評価に不満がある人、人事評価の低い人の特徴として、上司と話し合うことが苦手で、上司を避ける傾向が見られます。

 そういう消極的な姿勢は、さらに評価を下げてしまいます。“一人前クラスで身につけるべきコンピテンシー”の中に、「主体的な行動」があります。自ら考えて、上司に対しても「こうしたいのですが、いいでしょうか?」と提案し、自分の考えを問いかける。そういった主体的な行動を、人事評価に関してもしてみるのです。

 直属の上司がダメなら、さらに上の上司や人事部に働きかける。それでもダメなら、経営者に直談判する。会社の制度を改革し、組織全体が活性化したら、あなた自身も非常に高い評価を得られ、今後の人生が確実に変わります。

 もちろん、会社の人事制度を変えることは簡単ではないでしょう。しかし、変えることで成功し、成長している会社も、決して少なくはありません。 

 自ら行動を起こしてみる価値は、十分にあるのです。