ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

任天堂 岩田聡社長インタビュー
「Wii Uはゲームの家庭における存在意味を変え、
ゲーム人口拡大に貢献する」

E3スペシャル(前編)

石島照代 [ジャーナリスト]
【第18回】 2011年6月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 このように、電波で映像を送る商品はすでにいくつかありますが、映像なら連続しているのでレイテンシー(データ転送のシステム上の遅延)が発生しても許されるので、これまでは0.5秒とか1秒遅れの映像が表示されていました。しかし、ゲームの場合は入力に対して一瞬にして反応しないとダメなんですね、遅れがあってはいけないんです。そのレイテンシーの解消がWii Uの開発で苦心したことのひとつです。

――Wii U専用コントローラの接続可能台数は?

中央は米国任天堂社長のReggie Fils-Aime氏。写真奥にあるのがWii U本体

 (コントローラの)コストの問題もありますから、現在の段階ではWii U本体につき、専用コントローラ接続は1台という前提で、商品構成とソフトの構想を考えています。技術的には複数台接続も可能ですが、単体で売ったら、どうしてもかなりの価格になってしまいます。それを何台も買ってくださいとお客様にお願いするのもリアリティーがありません。それに、既に世界で1億7000万個もWiiリモコンが普及しているわけですから、ユーザーの皆さんの家にある物は全部ちゃんと使おうと考えました。もちろん、「Wii Fit」の「バランスWiiボード」も使えます。

――様々なコントローラが混在することで、どのようなおもしろさが実現するのか。

 たとえば、今回会場で体験していただいた「Chase Mii」という鬼ごっこのようなゲームでは、逃げる側がWii U専用コントローラを持ち他者の動きを把握します。追いかける側はWiiリモコンを持ってテレビ画面を見ながら追いかけるのですが、このように、人によって異なる情報が見えるようにすることで、新しい遊びがご提案できると思います。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧