確かに日本人でも電子マネーを使う人が増えてきたが、それでも皆、現金を持ち歩いている。「何を当たり前のことを」とおっしゃるかもしれないが、中国では事情がちょっと違う。現金を持ち歩かない人が多数派になりつつあるのだ。

 実際、上海に行って現地の人と一緒に行動をしていると、彼らは財布なしで生活できているのが実感できる。アリペイかウィーチャット(WeChat)の2大決済手段で、食事も買い物もタクシーも全部支払いできるのだ。

始めは違和感があるものの
財布を持ち歩かないのは実に便利

 財布を日常的に使っている我々からするとすぐにはピンとこないことだが、財布がないという状況は意外と便利である。べつにセキュリティだけの問題ではない。財布を出してお金を数えて渡し、おつりをもらって財布をしまう。それが全部スマホでできるようになれば、だんだん財布が邪魔なものに見えてくる。

 割り勘の勘定もウィーチャットでちゃちゃっと精算するのが便利で、中国人と一緒にいると、私だけ現金を取り出して自分の分を支払うのが何か申し訳ない感じがする。右のポケットに財布をしまい、左のポケットにスマホをしまう。そんな日本では当たり前にしている習慣も、なんだかたくさん荷物を抱えているような気がしてしまうのだ。

 そのような環境にある外国人が日本に来て、外貨(つまり円)を高い交換レートで購入して財布に入れて持ち歩くというのは、やはり不便なことなのだ。

 もちろん、銀聯カードという中国で一番普及しているクレジットカードは早くから日本でも買い物ができる環境が整ってきたのだが、さらに「いつも使っている手段で」ということになると、アリペイが必要なのだろう。

 さらには近い将来、ウィーチャットも日本で使えるようにして欲しいという声は強くなるだろう。だからJTBのような訪日観光に力を入れている会社にとって、全国でアリペイが使える場所をできるだけ増やしていきたいというのは正しい方向なのだ。