ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

カプコンの開発統括トップ、一井克彦専務に聞く
世界市場での闘い方とゲーム業界の真のチャレンジ

石島照代 [ジャーナリスト]
【第20回】 2011年8月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
8
nextpage

石島:ですが、この時期の新ハード投入は、PSP市場を事実上牽引している「モンスターハンター」シリーズの次回作を検討する際、悩ましさも発生しそうですね。

一井:そうですね。どのメーカーさんもそうだと思いますが、ハードの切り替えの時期は、人気タイトルであればあるほどハード戦略というのは難しいです。でも、発売して普及を見てから作ろうっていうのもできないので、しっかりここは深く考えないといけないですね。

 「モンスターハンター」はあらゆる点において過去作を超えていくことが、ミッションだと思います。ユーザーの方々の満足度、販売本数、前作をこえる創造性など、人気ブランドだけに抱えている課題とプレッシャーの重さは我々も十分理解しています。

 ですので、ゲームを中心としながらより広くフィールドを広げつつ、常にコンテンツのアウトプットを高めていけるような展開をしていければと考えています。

石島:任天堂の「Wii U」についてはいかがでしょう?

一井: 私も最初、びっくりしたんですよ。まさかあんなユニークなハードだと思ってなくて。あのハードのアイデアを我々のメリットに変えていけるよう、開発陣にはクリエイター魂を駆使し、トライしてもらいたいと願っています。

 私は最近、ゲーム機に対する先入観をもつのはよくないと感じています。たとえば、Wii Uを見て、「遊ばれるゲームは絶対カジュアル」みたいな。実際は、様々なコンテンツが想定できるし、可能性は大きいと感じています。あるいは、マイクロソフトの「キネクト」、ソニーの「プレイステーション・ムーブ」でも、カラオケやフィットネスだけではなく、我々なりのアイデアを駆使した面白いものは作れるはず。だいたい、カプコンにフィットネスゲームは求められていないでしょう。

previous page
8
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧