自責軸がマイナスになる
世界ではどうするか?

本連載の著者・丸山貴宏さんの『そのひと言で面接官に嫌われます』が好評発売中!
青春出版社、192ページ、926円(税別)

 一方、社員の真面目さを悪用するようなとんでもない会社が世の中に存在し、そうした会社で自責軸発想の行動をしていると、自責地獄のようになって潰されかねないのも事実です。悪用とまではいかなくても、理屈に合っていないことが推進されて苦労する場合もあります。

 そうしたところで自分の身を守るには、自責と同時に俯瞰的な視点を持って物事を捉えることが重要です。例えば「全社員経営者主義」を掲げ「みんな社長になったつもりで仕事に取り組め」という会社があります。そこに悪意はないと思いますが、「本当にそこまで求めるのであれば、なぜ社長と同じ給料を払わないのか」というように、状況を一歩引いて俯瞰的に見られるかどうかです。

 そして自責思考で業務に全力で取り組み、それでも上手くいかなかった時は「あいつらがアホだからダメなんだ」と自責軸から一転しすべて他人のせいにして、さっさと見切りをつけて撤収することです。

 人間には防衛本能があり、何らかの問題が起こった時は誰かのせいにしてしまうようにできています。意識していないと自責軸は忘れてしまいがちなので、普段から自責軸で考える習慣を身につけておきましょう。

(株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役 丸山貴宏)