ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

イノベーションに求められる人材像

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第71回】 2017年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

仕事と人材の相性

 特定の仕事に求める人材の要件を考えるとき、スキルも重要な要素ではあルが、スタンスやマインドの方がその相性を左右することは珍しくない。スキルは必要に応じて学ぶなどして身につけることができるが、スタンスやマインドは知らず知らずのうちにしみついていたりして、なかなか変えられないことがあるためだ。

 IT部門のスタッフがイノベーション創出の役割を担おうとした場合、あるいは、イノベーション創出ができるような人材を育成しようとした場合、スキルの面よりもスタンスやマインドを変革することが重要であると同時に、困難なことではないだろうか。

 ここで、IT人材をエンタープライズ系とシブヤ系の2つのタイプに分けて考えてみよう。人の性質や特徴をステレオタイプに2つに分けて考えるのは少し乱暴なことではあるが、ここではあえて違いをはっきりさせるために分けてみた。

 シブヤ系というのは、音楽やファッションの分野の話ではなく、一時期ビットバレーと呼ばれた渋谷に集まったITベンチャーを象徴的に表現したもので、Webアプリやスマホアプリの開発やネット企業のIT技術者をイメージした呼び方である。エンタープライズ系は、いうまでもなく社内の情報システムを安全・確実に開発・運用してきたIT部門の人材を指す。

 これも、一概にはいえないことだが、エンタープライズ系とシブヤ系のIT人材の特徴を表にまとめてみた(図3)

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧