病気になる前の自分に、「保険に入っておけ、と言いたい」というKさんは、今、保険に入りたくても入ることができません。一度、がんのような大きな病気にかかってしまうと入りづらくなってしまうのが生命保険です。

「高額療養制度」を活用しても
入院中の食事代や差額ベッド代は出ず

 Kさんに詳しく話を聞きました。

 Kさんは、「高額療養制度」を利用し、医療費の自己負担部分のうち、一定金額以上のものを、健康保険から直接、病院に支払ってもらう手続きをしました。ですが、入院中の食事代や、手術後入った個室の差額ベッド代は補てんされず、痛い支出となってしまいました。

 また、困ったのは入院に関する支出だけではありません。休んでいる間、欠勤扱いとなったため、給料が激減。傷病手当の手続きをしましたが、手当の金額が少ないため生活は苦しくなり、クレジットカードからキャッシングして、何とか回していくという暮らし方を続けていたそうです。

 そのため、がんに関わる受けたい治療があったものの、自由診療で高額だったために受けることができませんでした。転移や再発もないと言われたけれど、その治療を受けられなかったために、大丈夫だろうかと心細く、不安な思いを持ち続けているというのです。

 若い男性には、今は健康で病気にならない自信があるからと、あえて生命保険に入らないという人が意外と多くいます。健康維持のためにサプリントを多用したり、ジムで体を鍛えたりといった努力も欠かさず、職場の健康診断で「異常なし」の診断をもらって満足しています。