ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

満を持して投入する新型携帯ゲーム機「PS Vita」
ゼロからのスタートで、業界の閉塞感ごと打ち破りたい
――河野弘・ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン プレジデントに聞く

石島照代 [ジャーナリスト]
【第23回】 2011年10月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

河野 業界を支えている層は、以前から「プレイステーション」でゲームを楽しんでくださっているユーザーさんです。ユーザーの皆様が支持している業界のトップクリエイターさんのモチベーションを高く保てるようなシステム、つまりクリエイティビティを刺激し続けるようなシステムを作りたいと考えていました。それをPS Vitaで実現できたことを、嬉しく思います。

初めて触ったときに
「あ、よくできているな」と感じた

「東京ゲームショウ2011」の様子。一般公開日だけでなくビジネスデイにも「PS Vita」の試遊台に大行列ができていた。

石島 河野さんご自身のPS Vitaに対する印象は?

河野 デザイン的な美しさと機能性を兼ね備えた完成度の高さを感じます。そして、持ったときの安定感がすごくあるな、と。手にしっくりと馴染むのもいい。あと、裏と表のタッチパネルもボタンの位置もすべて手の中にあるという、操作性の高さを兼ね備えているのもいいですね。

 また、違うボタンを誤って操作したり、電源スイッチ(POWERボタンのこと)をプレイ中に誤って触らないように位置を変えたりだとか、PSP(プレイステーション・ポータブル)の経験や、社内外からいただいた様々なご意見を、開発陣も頑張って反映させました。

 もちろん、最終的に完成度の判断を下すのは我々ではなく、ユーザーの皆さんですが、私自身、初めて触ったときに「あ、よくできているな」と感じたことは事実です。

石島 私もPS Vitaを触ってみましたが、操作性も高いし映像表現力も素晴らしいですね。そのポテンシャルから考えますと、カジュアルなゲームを好む層への希求力も期待できそうです

河野 ユーザー数で考えれば、カジュアルユーザー層を拡げるチャンスが大きいことは理解しています。私自身もカジュアルなタイプのゲームも楽しんでいますし、カジュアルゲームが好きな方にも当然PS Vitaを楽しんでいただきたいと思っています。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧