埼玉製作所については、最新の設備を備えた寄居工場に生産を集約する。電動化など新技術への対応が中心であり、いずれ海外でEVあるいはPHEV(プラグインハイブリッド車)の生産を開始することを前提に、寄居を電動車両のマザー工場と位置づける。これに伴い、狭山工場の従業員は寄居工場を中心に異動する。

 中部圏については、主力の車両工場、鈴鹿製作所は、現状どおりに軽自動車とスモールカーの生産拠点として活用する。海外で生産するスモールカーのグローバルな水平展開もここが担う。また、少量生産モデルを中心に生産委託を行っている子会社の八千代工業については、ホンダ100%出資の完全子会社とする方針で合意、少量生産体制の最適化を狙う。

新分野の技術と設備、
海外展開機能を寄居工場に新設

 一方、生産技術については、電動化や知能化などの新分野に対応する技術と設備の構築および、その海外展開を促進する機能を寄居工場内に新設する。世界各地の生産拠点それぞれが必要とする技術とプロセスの企画を、寄居に世界中からスタッフを集めて共同で行う。生産実証ラインを設置し、新型車の設計・開発と並行して、生産のためのさまざまな要件の研究を行い、実際にパイロット生産までを担当する計画だ。