普段、あまり目にすることのない数字やデータに光を当てて多角的に分析、ビジネスパーソンにとっておきの「お役立ち情報」をご紹介する『ダイヤモンドDATAラボ』。今回は、東南アジアのブランド調査から見た「東南アジア日本企業好感度ランキング」です。(週刊ダイヤモンド編集部 小島健志)

タイ、ベトナム、インドネシアの中間層が対象
1000人の好感度調査で見えた日本の上位企業

 東南アジアの中でも親日的で、大きな市場が見込まれる国といえば、タイ(約6900万人)、ベトナム(人口約9300万人)、インドネシア(約2.6億人)の3ヵ国が挙げられます。今後、日本企業がこの市場を無視することはできないでしょう。

 それでは、この3ヵ国で好感度を持たれている日本企業はどこなのでしょうか。そこで、これらの国々に拠点を持つ調査会社「DIマーケティング」の協力を得て「日本企業好感度ランキング」を作成しました。

 今回の調査については、まず「日用品」「食料・飲料(食品)」「電機・IT」「ファッション」「ファーストフード(レストラン)」「自動車」「インターネットサービス(ネット)」「小売り」の8業種から、現地大手や外資系企業を含む主要企業計139社を選出しました。

 その上で、DIマーケティングの保有する調査パネル(約90万人)を用いて、一般世帯の消費者1000人にアンケートを行いました。そこで、企業ごとに「好感がある」「好感がない」「知らない」「その他」の選択肢から一つを選んでもらいました。そのうち「好感がある」と回答した比率を「好感度」として算出したのが、今回の「日本企業好感度ランキング」です。