「毎日のように不安で仕方がありませんでした」

 美鈴さんは当時の心境を振り返ります。心理的、金銭的そして健康的な心配をたった1人で抱え込む日々。そんな矢先、熊本駅近くで行われた街コンに参加しました。街コンとは婚活業者と商店街の飲食店が企画するイベント。結婚を望む男女が集まり、格安で飲食を楽しみカップリングを行うという趣旨で、「コン=コンパ」です。

街コンで知り合った
都内在住、年収900万円の男性

 美鈴さんはただただ我慢を続ける日々のせいで人恋しかったのでしょうか、隣で支えてくれる男性の存在を本能的に欲するのも無理はありません。どのような魂胆の男たちが参加しているのか、美鈴さんは露とも知らず、軽い気持ちで街コンへ参加し、それをきっかけに地獄へ転落していったのです。

 街コンで知り合ったのは林健太(30歳)。彼いわく熊本大学を首席で卒業し、都内の外資系コンサルティングファームに勤めており、所属の部署では一番優秀だと評価されていたそう。年収は900万円で都内にマンションを持っているといい、「まわりは馬鹿ばかり!仕事ができなすぎるのが嫌になって辞めるんだ!!」と豪語し、現在は有給を消化中。いったん地元の熊本に戻っていたところで街コンに参加したという経緯です。

 彼の国立大学という学歴は輝かしく、外資系企業という勤務先も煌びやかで、何より900万円という高収入は魅力的。高級そうなジャケットに仕立ての良いYシャツ姿でした。

「彼のことが魅力的に映って付き合い始めたんです」

 美鈴さんは彼の外面に惹かれたようですが、2ヵ月も経たないうちに彼の子を身ごもっていることが分かったといい、どうやら避妊が不十分だったようです。美鈴さんが彼にこのことを伝えると、少し驚いた様子を見せたのですが、それでも「良かったじゃないか。結婚して一緒に育てよう」と言ってくれたので美鈴さんは安心しました。ところが「でも言わななきゃいけないことがあるんだ」と前置きした上で、彼は懺悔をし始めたのです。