たくさんの「〇〇」とのつながりがカギ!?
「風の四緑」新入社員を
即戦力ルーキーに育てる方法

「風の四緑」の新入社員と接するときに大切なことは、何事も“突っ込みすぎ”を控えることです。

「風の四緑」の人はさっぱりとした性格。いわば“爽やかさ”が特徴なのです。
 ひとりの人間と深くつき合うというより、たくさんの人と交友関係を持とうとする気質にあります。
 だからこそ、あまりグイグイと個人の心に“深く突っ込みすぎ”てしまうと、「ちょっとおっくうだなあ~この先輩」などと思われがちです。
 こんなところから友好関係のほころびが出るケースもあるので要注意です。

「風の四緑」の新入社員は、いい意味で当たりさわりのない人が多い傾向があるので、人が多い部署ほど、その人間性を発揮できるでしょう。その空間に爽やかな風をもたらしてくれます。

 また、仕事面では、たくさんの人と会うことが必要になる仕事を任せてみましょう。初対面の人との交渉能力はピカイチですので、どんどん人と会わせて交友関係を広げさせましょう。
“たくさんの人とつながっている”という気持ちこそが「風の四緑」の喜びであり、仕事へのモチベーションにもつながります。
 事務職などは極力やめ、人との“縁”をつないでくれる営業のポジションなどは本人もやりがいを感じてくれるでしょう。

 性格的には、ふわふわとした一面も意外と目立ちます。
 それが精神的に病んだ場合、自分の居場所を探してさまようなんてことにもなりますので、上司や先輩は、常に「風の四緑」の人に居場所を与えて、心配をさせないように心がけてください。離職率低下のカギとなります。

 いかがでしたか?
 新入社員もその年によって「9code」(ナインコード)が異なります。
 それぞれ扱い方が根本的に違うのです。
 そこを理解できずに、「この年の若者はどうせこんなことで悩んでいるんだろ?」と高をくくって接してしまうと、取り返しのつかないことにもなります。

 もちろん、「理想と現実のギャップ」は、どんな新入社員にでもあるでしょう。
 しかし、現場(職場)に入ってから“やらせる仕事”次第で、そのギャップはどうにでも埋めることができます。

 要は、その人の気質に合った仕事をさせて、居心地をよくさせるのです。
 これができないから新入社員が苦痛しか感じずに辞めていってしまうのです。
 今年の4月、「ガイアの五黄」と「風の四緑」の新入社員と接点を迎える方は、ぜひ「9code」(ナインコード)で事前学習をしてからコミュニケーションを取ってみてください。
 きっと、濃い関係性を築けるはずです。