トルネのいいところは、直近1週間の番組であれば、キーワード検索をかなり爽快なスピード&簡単な操作でやってのけるところです。たとえば、「AKB 48」とキーワードを入れたら、直近1週間の番組表のなかから、あらゆる番組情報を瞬時にソートされます。時間がないときでもイライラ知らずで、番組が録画できるのです! これはつまり、いわゆる、家電にありがちな、あのもっさり感を味あわなくてすむということです。

 それに、なんといっても、3倍モードで520時間近くも録画できるわけですから、娘さんが好きなタレントさんの名前で検索しまくり、片っ端から録画しておくのも手です。

 また、キーワードだけでなく、ジャンル・局・日付・時間帯などのソートもできるので、用途に合わせて使い分けてもよいでしょう。

 あとは、娘さんが泣いたときに「ハイ、トルネ」とPS3のコントローラを渡して、操作方法を教えるだけです。そしてその時に、「見ない番組は消しておいてね」と言っておけば、HDDの容量も確保できます。

好きなキーワードを入れるだけで、あらゆる番組情報をソートしてくれます。
©Sony Computer Entertainment Inc.

「子どもがテレビを占領していて困る」……
そんな時は、トルネの「リモートプレイ」に挑戦

「パパ、これなあに~」「これはねえ、PS Vitaっていうんだよー(汗)」

 テレビまわりで困るのは録画だけではありません。画面の取り合いです。もちろん、部屋ごとにテレビ画面があるようなお家は困りませんが、最近は教育上子ども部屋にテレビを置かず、リビングだけでテレビを見せるお家も増えているようです。

 このように、親の監視下でテレビを見ることができるのはよいのですが、困るのは子どもが見たいものを親が見たくない場合です。

 たとえば、前回ご紹介した郷田家ではまさとくんが土曜の朝早くにヒーロー変身ものを見ているそうですが、お父さんはできればニュースワイドショーが見たいそうです。

 そんな時どうするか。やり方はふたつあります。