©ダイヤモンド社 禁無断転載 拡大画像表示

 トップとなったのは前出のトヨタ、2位はソフトバンクグループ(SBG)となった。SBG傘下のソフトバンクは昨年の社員大会で、技術部門1.4万人を2年で半減させると衝撃的な人員削減策を打ち出したばかりだ。

 その他、オーナーの支配力が高い企業が上位に来た。永守重信氏率いる日本電産や、ロボットホテルを展開するエイチ・アイ・エスなど、いずれもAI化が一気に進んでも何らおかしくない。AI革命によって、日本では2030年度までに最大2700万人が失職するとの試算もある。あなたは大丈夫? ぜひこのランキングを参考にしてもらいたい。