細川元首相が望みを託す
“新土光臨調”が最後の反転攻勢手段

 今回、細川氏が唯一期待感を示したのは、一部で政権が「土光臨調」に匹敵する強力な行政機関を設置すると報道されたこと。

 しかし、世論に促されて、あるいは人に言われてすることは本気ではない。私がそう言っても彼の“新土光臨調”への期待はなくならないようだ。

 本欄で何度も指摘しているように、増税と行革の同時進行は、行革を偽装するだけに終わる。“新土光臨調”が信じるに足る段階に至らなければ、消費増税法案の国会提出を見送る。それが野田首相の最小限の責務であろう。

 最強の後見人と見られてきた細川元首相から見放されれば、野田首相は立ち往生せざるを得ない。

 野田首相は、消費税増税を先行させることを中断して、報道されたような民間人による新しい土光臨調を編成し、行政の大改革、ムダ使いの徹底排除の方向に思い切って舵を切るべきだ。恩師の必死の忠告に従えば政権は反転攻勢に出ることができるかもしれない。


◎編集部からのお知らせ◎

2001年に講談社から刊行された田中秀征著『梅の花咲く――決断の人・高杉晋作』が近代文藝社より新装版となって発売されました。命を懸けて幕府の息の根を止め、新しい国家への道を切り拓いたリーダーの生き方は、今の日本人に何を問いかけるのか――。ぜひ、ご一読ください。