もちろん、健全に付き合えればいいが、上述のような失敗もある。果たして、良いハマり方と悪いハマり方の違いはどこにあるのか。後述する専門家の意見を聞くと、「ハマること自体が危険」という気もしてくるが……。

 そこで、中高年がスピリチュアルで失敗したエピソードを載せつつ、失敗に陥るパターンを識者に聞いた。

お守りや水晶に◯万円、
ためらいなく大金を投じる人たち

 スピリチュアルにおける失敗として、まず挙げたいのが「お金」に絡む失敗だ。Tさん(40代男性)の例を以下に紹介したい。

「会社を辞め、転職先が見つからず焦っていたとき、ある転職セミナーで女性と知り合いました。私があまりに悩んでいるところを見て、『仕事や会社という視点から一度離れたアドバイスを聞いてみては』と言われ、カウンセラーを名乗る男性のところへ連れていかれました」

 カウンセラーの男性は、手を見たり首筋を触ったりしながら、Tさんの性格を言い当てたという。そして、Tさんも精神的に疲弊していたため、そのアドバイスを貴重に感じた。やがて「足繁く通ってアドバイスを求めるようになった」という。

「それから2ヵ月ほど通ったのですが、なぜか相談料はどんどん高くなり、最終的には1回6万円ほどに。それでもつい止められず通いました。たまたまその時期に就職が決まり、忙しくなったので行かなくなりましたが、今考えると『なぜ、あんなお金を払ったんだろう』と不思議です」

 このエピソードは、お金絡みでの失敗における「典型」といえよう。“洗脳”されてしまったパターンも、このような形が多い。

 そのほか、こんな例もある。

「友人の女性(40代)と旅行に行ったとき、有名な神社の近くで占いをしてもらいました。それは良かったのですが、最後にお守りを勧められると、その友人は迷わず一番高い3万円のものを買いました。正式な神社のお守りでもないし、通りすがりのお店でよくそんな高いものを買えるなと……。購入後、『これがあれば大丈夫な気がする!』と言っていて、『もういい歳なのに心配だな』と思いました」(40代女性)