筆者が言いたいのは、「神戸牛」以外の「和牛」を提供する際もプレゼンテーション次第で、伝わり方が大きく変わるということだ。

 具体的に言うと、提供するその「和牛」が、「有名」かつ「貴重」であることを「神戸牛」を引き合いに出しながら説明する事がポイントなのである。

 そもそも、中国人にとっての「地」はその地方ではなく「日本」であるため、「和牛」であれば、日本人が考えるほど産地にこだわる必要はない。

 最もコストパフォーマンスの高い「和牛」を提供することこそ、彼らに対しベストの「おもてなし」になると筆者は考えている。

「和牛」に次ぐ食材は「鮮魚」。「鮮魚」においても、上記の「和牛」同様、中国人にその時、その地でしか食べられない、「旬の魚」の希少価値を理解させることは難しい。

 また基本的に、中国を含む東アジアでは、近海魚に多い淡白な白身魚はあまり人気がない。

 まずはこだわりを捨て、「ホタテ」、「北寄貝」、「マグロ」等、既に馴染みがあり、かつ日本が本場であるとイメージしている食材を上手に使うことで、効率良く彼らを満足させることができると考える。

 中国で人気のある「サーモン」や「マス」、同じ白身魚でも脂ののった「深海魚」などを使うのも悪くないだろう。

 当然、「うんちく」「ストーリー」を語るプレゼンテーションは必須である。