定住者、外国国籍取得者の
戸籍を抹消すると迫った上海政府

 3月半ば、日本に在住する上海人が騒然となる事態があった。スマホの通信アプリ「微信(WeChat)」で、真相を模索しあうチャットが深夜まで続いた。それは、5月1日から施行されるという新たな「戸籍管理政策」についてだった。

 在日上海人を蒼白にさせたのは、今年3月8日、上海市公安局から通達された「上海市常住戸籍管理規定」の第46条だった。

 上海市で施行した後、全国でも実施される予定だったこの戸籍管理規定には「外国に定住している者、あるいは外国籍を取得した者は戸籍の抹消手続きを行うこと」、また、「1ヵ月以内に手続きをしない場合、公安派出所は告知の上、戸籍を抹消できる」とある。

 これには日本在住の上海人だけでなく、米国、カナダ、オーストラリアと各国に散らばる在外中国人の永住者が猛反発した。永住者も「戸籍抹消の対象」とされたためだ。

 だが、これは決して目新しい規定ではない。中国の法律に詳しい専門家によれば、「以前から、海外に定住する外国人は戸籍を抹消することになっていた」という。ただ、抹消手続きの履行そのものは長らく放置状態にあった。