外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』から一部を抜粋、再構成して紹介します。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

億万長者の教えですが、ちょっと何言ってるかわからないんですけど?

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 おじいとの対話は、気がつくと徐々に間隔があくようになっていった。
 数日あくこともあれば、数週間あくこともある。
 その間は、これまでに教えられたことに取り組む実践期間になっていた。
 その実践に活用できるのが、ホテルの仕事の合間に行っているカウンセリングの仕事だ。

 この頃、ブログのアクセス数は、ライブドアブログの哲学・思想カテゴリで1位を獲得するまでなっていた。
 そんな時、カウンセリングの仕事で出会った人から、いきなりこう言われたのだ。
「起業したら?」
 思いもかけない言葉に、ボクは言葉を失った。
 起業なんて、まったくもって考えていなかったからだ。
 もっと言えば、数々の過去の失敗があるからこそ、起業こそ絶対にやってはいけないことだと思っていたくらい。

「そんなこと言ったって、あなたの理想の実現には、それしかないでしょ? かなり大変だとは思うけど、考えてみる価値はあるんじゃないの」
 これをきっかけに、ボクはカウンセラーとして起業するにいたった。

 でも、正直に言えば、起業してはみたものの、何のビジョンもないし、わからないことばかり。すべてが未知数での始まりだった。
 でも、起業することで、カウンセリングの仕事は格段に増えていった。
 ホテルの仕事も続けながらだったので、まさに寝るヒマもない毎日。

 もちろん、ホテルを辞めてカウンセリングの仕事1本にすることも考えたが、経済的にはとてもまだそれが許される状況ではなかったので、ボクはとりあえず無理にあらがうことをせず、ここは流れにまかせてみようと、人生の流れに乗っかってみることにしたのだ。

 ホテルの仕事を本当に辞めるべきタイミングが来たら、その時に選択しよう、と。
 理想を決めて真剣に取り組めば、本当にご縁がセットされるのかな?

 すると早速、マネージャーからビックリする仕事を振られた。
「今日はエグゼグティブフロアを担当してよ。
 でもフロアリーダーが今日は休みだから、訓練のために今日は石川君がリーダー代行で頼むよ!」