中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「〜みたいな」をうまく使う

 日本人の生徒さんと話していると、断定的な物言いを避ける傾向があるように感じます。日本語のやりとりでも、「~みたいな」「気がする」といった言い回し、よく使っていませんか?

「I feel like...」を使えば、そんな日本人好みのあいまいなニュアンスをうまく表すことができます。直訳すれば「~のように感じる」ですが、「~みたいな気分だ」「~な気がする」という意味で便利に使えます。

 ここで使っている「like」は「好き」ではなく、「~のよう」という意味。ネイティブは日常的によく使いますが、日本人はこの意味の「like」を使うのは少し苦手にしているようです。

 でも「I feel like...」とセットで覚えてしまえばとても使いやすいので、ぜひ慣れてください。

こんなふうに使ってみよう

大丈夫? あまり体調がよくなさそうだけど。
Are you okay? You don't look so well.
風邪を引きかけている気がします。
I feel like I'm coming down with a cold.

ディズニーランドに行くのはなつかしいなあ。
This trip to Disneyland is so nostalgic.
昔に戻ったみたいな気分だ。
I feel like I've gone back in time.

※ go back in time = 時間をさかのぼる、過去に戻る

昇進おめでとう!
Congratulations on your promotion!
ありがとう。私のキャリアも軌道に乗り始めたと感じています。
Thanks. I feel like my career is really taking off.

夕食は何?
What's for dinner?
今日はピザを注文したい気分なの。
I feel like ordering pizza tonight.

彼のプレゼンに不満げですね。
You don't look pleased with his presentation.
彼のアイデアはあまり独創的でないように思える。
I feel like his idea isn't very original.

どうしてあの男性を見つめているの?
Why do you keep staring at that guy?
彼を知っているような気がするんだけど、どこで会ったか思い出せなくて。
I feel like I know him, but I can't remember where I saw him.

正解:I feel like...

ポイント:ゆるい感じで、気軽に気持ちを伝えよう

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』の内容を編集して掲載しています)