中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとなかなか言葉が出てこず、必ず「あー、あー…」となってしまうのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

日本人の「単語力」は充分。なのに、なぜ話せない?

 なぜ日本人は英語を話せないのでしょうか? 

 たとえば、「中学、高校だけでも6年間は英語を習ってきて、単語や文法はそれなりにわかっているはずなのに、いざ英語を話そうとするとなぜか言葉が出てこない」という人は多いのではないでしょうか?

 かといって一から全部学び直したいという感じでもなく、「ともかくもてっとりばやく話せるようになりたい……!」そう思っているなら、本書はあなたのための本です。

 私は30 年にわたって1万人以上の日本人に英語を教え続けてきましたが、なぜ日本人がなかなか英語を話せないのかについて、ずっと考えてきました。

 もちろん、その要因は1つだけではなく、さまざまな環境的・社会的要因が複合的に関係していると思います。また、個人差もかなり大きいと思います。

 ただ、それでも最近、最大の問題の1つはこれだと考えていることがあります。

 それは、多くの日本人が、ネイティブがよく使う「しゃべりだし」の表現を知らないことです。

 なかなか英語を話せないという人がおちいりがちなパターンとして、しゃべりだしが「I think...」「Do you...」「What do you...」など、同じようなフレーズの繰り返しになってしまっているということがあります。

 状況に対応したしゃべりだしの言葉が出てこないため、よく知っているはずの基本単語も出てきません。中学、高校で習うレベルの英単語を使うだけでも相当しゃべれるはずなのに、そんな単語の知識が一切実践に生かされていないのです。

 ですが、応用の効く「しゃべりだしフレーズ」が口をついて出るようになれば、最低限の単語力で、かなりしゃべれるようになります