中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「どうですか?」とざっくり話を振る

 ネイティブとのsmall talk(雑談)で意外と難しいのは、「何を話すか」ということ。雑談をしようと言っても、「話題がとくに浮かばない」という生徒さんに出会うことがよくあります。話題は何でもいいのですが、その「何でもいい」が難しいというわけです。

 そんなときに使える手が、「○○はどうですか?」とふんわり聞いてしまうこと。日本はどうですか、でも、新しい仕事はどうですか、でも何でもいいので聞いてしまうのです。

「~についてどう思いますか?」のような「考え」や「感想」を尋ねる表現といえば、What do you think of...? がまっさきに思い浮かぶかもしれません。

 しかし、もっとカジュアルかつフレンドリーに聞けるのが、「How do you like...?」(~はどうですか?)。雑談の「何も浮かばない」の壁を打ち破る最強フレーズです。

 たんに「どう思うか」ではなく、「どう好きですか」というニュアンスなので、前向きな話を引き出せます。

こんなふうに使ってみよう

新しい仕事はどうですか?
How do you like your new job?

就労時間は長いけど、給料はいいんだ。
The work hours are long, but the pay is good.

日本での生活はいかがですか?
How do you like living in Japan?

すごくいいよ! 何もかもがとても便利だからね!
Great! Everything is so convenient here!

弊社の新製品はいかがですか?
How do you like our new product?

とても使いやすいですね。
It's very easy to use.

そちらのスーツはいかがですか?
How do you like the suit?

ウエストが少しゆるいかな。
I think it's a bit loose in the waist.

新しいオフィスはどうですか?
How do you like your new office?

とてもいいですよ。以前よりずっと広いんです。
It's great. It's much bigger.

新しい電気自動車はどうですか?
How do you like your new electric car?

すごく気に入ってるよ! ガソリン代がかなり節約できるんだ。
I love it! I'm saving so much money on gas.

ポイント:明るく聞いて、前向きな答えを引き出そう

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』からの抜粋です)