中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「うれしい」とストレートに言う

英語は「○○」とストレートに言えば通じる

 ネイティブとの会話では、日本人からすると少し大げさに思えるくらい感情豊かに表現したほうがスムーズに会話できます。なかでも「It's so nice to...」(~できてすごくうれしいです)はおすすめです。

 たんなる社交辞令ではないものの、「興奮を隠しきれない」というほどオーバーでもない、「ほどよいよろこび」を表現できます。

「お会いできてうれしいです」を意味するNice to meet you. はよくご存じだと思いますが、「It's so nice to meet you!」のように「It's so」をつけるとnice の意味を強調できるので、より効果的に「心からの言葉」であることが伝わります。

「It's so nice to be young.」(若いっていいものだね)のように、単純に「いいと思う」気持ちを表す場合にも使い回しが利くフレーズです。日本語で話すときよりも、もっと感情豊かに、どんどん「うれしい」と言って、話を盛り上げましょう!

こんなふうに使ってみよう

こんにちは。私はティム・ダンカンです。
Hello. My name is Tim Duncan.
お会いできてうれしいです! 私はマツオカレイコです。レイと呼んでください。
It's so nice to meet you! I'm Reiko Matsuoka. Please call me Rei.

新しい住まいはいかがですか?
How's the new place?
海の近くに住むのはいいですよ。
It's so nice to live close to the ocean.

世界中を回ってさぞかし疲れたでしょう。
You must be really tired from going around the world.
戻ってこられてうれしいです。
It's so nice to be back.

休日は何をして過ごすのが好きですか?
What do you like to do on your days off?
読書です。長い労働の1週間が終わった後に家でリラックスするのはいいですね。
I like to read. It's so nice to relax at home after a long work week.

会議を楽しんでいますか?
Are you enjoying the conference?
はい。他のプロの方たちと話ができてうれしいです。
Yes. It's so nice to speak with other professionals.

突然のお電話ですみません。
Sorry for calling so suddenly.
連絡をくれてありがとう! お元気でしたか?
It's so nice to hear from you! How have you been?

ポイント:英会話では「感情」をはっきり見せよう。

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』からの抜粋です)