中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

あえて「大好き!」と言う

「ネイティブは感情表現が豊かだなあ」と感じたことはありませんか? 英語は、言葉の強弱やイントネーションの変化を使って感情をとてもうまく表現できる言語です。

「I just love...」は「大好き!」という気持ちを表すフレーズです。I love... だけでもOK ですが、あえて大げさに言って会話を盛り上げるのがネイティブ流のコミュニケーション。

 強調語である「just」を加えることで気持ちを強く表現しましょう。発音するときは、「ラーブ」のように伸ばして言うとより効果的です。

 人からプレゼントをもらったときなどは、このフレーズを使う最適なシチュエーションです。「I just love...」を使って興奮を伝えれば、相手もうれしい気持ちになるはずです。

こんなふうに使ってみよう

君の好きなチョコレートを買ってきたよ。
I got you your favorite chocolate.
ありがとう! このブランド、大好きなんです!
Thanks! I just love this brand!

ハイキングとかキャンプとかが好きなんだね。
I see that you like hiking and camping.
ええ、アウトドアが大好きなんです。
Yes, I just love the outdoors.

わあ、そんなにたくさんクッキーをくれなくてもいいよ。
Oh, you don't have to give me so many cookies.
気にしないで。クッキーづくりが大好きなんです。
It's no problem. I just love making cookies.

君の好きなアーティストが新しいアルバムを出したよ。
Your favorite artist released a new album.
えー、うれしい! 彼の音楽が大好きなの。
Oh, wow! I just love his music.

あなたは働き者ですね!
You work so hard!
それほどでもないですよ。とにかく仕事が好きなだけです。
Not really. I just love my job.

ダイエットしたら?
Why don't you go on a diet?
食べることが大好きなんです。
I just love eating.

ポイント:ネイティブになりきって、「大げさ」に言おう

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』からの抜粋です)